Juneau

覚え書き拡大版。

舞台『エダニク』おいしいお肉を巡るストーリー。ではない

えだにく【枝肉】

家畜を屠殺(とさつ)後、放血して皮をはぎ、頭部・内臓と四肢の先端を取り除いた骨付きの肉。普通、脊柱に添って左右に二分したものをいう。

(大辞林 第三版)

 

こんにちは、こんばんは、おはようございます。ちよイモです。

梅雨真っ盛りですね。学生の頃は「湿気で髪がうねる」なんてフレーズとは縁遠いほど髪がサラサラで強かったのに、大人になるにつれてヘアケアしてこなかったツケが回ってきました。外に出るだけでモッサモサ。

そんな小雨が降る休日に、舞台「エダニク」を観劇しに浅草へ行って参りました。

 

出演者はたったの三名。

稲葉友さん(仮面ライダーマッハ)

大鶴佐助さん(アイドル×戦士ミラクルちゅーんず!miracle2ヘアメイクのコジローさん)

中山祐一朗さん(魔法×戦士マジマジョピュアーズ!愛乃モモカのパパ)

という一部の特オタ大興奮の布陣でございます。一部というか主に私が。推しライダー(と同時に推し俳優)と推し番組の出演者ですよ。放送時間がライダーと被ってるのでリアルタイムで見られない人はあにてれ(テレ東公式配信サイト)かタカラトミー公式Youtubeチャンネルでガールズ×戦士シリーズをぜひ見てください。最新話が1週間無料で見られるから。今ならHuluとNETFLIXでもシリーズ第1作目が見られます。個人的に今一番アツい特撮コンテンツです。よろしくお頼み申す

 

そんなことより舞台の感想です。以下、本編の内容に触れています。

続きを読む

"好き"のブラックホール

こんにちは、ちよ芋です。

唐突ですが「好きすぎてどうしたらいいか分からない。好きを発散しきれない。発散しなくてもいいんだけど、どこかで放出しないと好きがどんどん溜まっていってどんどん脳みそや胸が苦しくなってしまうので好きを定期的に言葉や形にしてアウトプットしないと"好き"という気持ちにこころが飲み込まれてしまう」みたいな感覚ってありませんか?

 

私はチョロいオタクなので、すぐ推しの一挙手一投足に心を揺さぶられがちなのです。それが原因かは定かでないのですが上記のようなことが割と頻繁に起こります。

かといって、その為にできる事といえば

  • 推しが好きすぎることをSNSに書く
  • 推しが映っている映像を繰り返し見る
  • キャラソンを聴いて歌詞を無駄に読み込み、深読みもいいとこな考察をする
  • 推しの曲をDJイベントで流す
  • 推しのグッズをメルカリや中古屋で探す
  • 夜ベッドに入って脳裏に推しの顔を思い浮かべながら寝る

ぐらいなんですよね。嗚呼なんて無力なオタク…
創作活動のひとつでもしてたらもっと上手く向き合えるのかな。イラスト描いたりとか、小説書いたりとか。推しのうち一人は約20年前の作品のキャラクターなので公式からの供給が現在ほぼゼロに等しいのもちょっとつらい。

世の熱狂的なオタク達はいったい全体どうやってこの有り余る推しへの感情と日々向き合って生きているんでしょうか。ていうかこれオタクだけじゃなくて恋をしてる人にも共通してるのでは。これはもはや恋だ。いや結婚したい。

 

この気持ちへの折り合いの付け方、マジで教えてくださいオタク達。

大事な人には会える時に会っとけという話

こんにちは、ちよいもです。

昨日はルパパトで高尾ノエル役としてお馴染み・元木聖也くんの写真集発売記念イベントに参加してきました。 

こういった接触イベントは某特急に入れ込んでた頃以来で、さらにそれも5年ほど前のことなのですが、推しと対面で会うというのは何度経験しても慣れないね。いや慣れちゃうのも考えものなんですけど。

今回はイベントレポという程のものではなく、完全に自分のための思い出日記帳です。すでに脳内で記憶の脚色が始まっている。

続きを読む

2019年やりたいことリスト

やりたいこと・やらねばと決めたことを公開したうえで達成して自己肯定感を高めたい。
随時追加予定。達成したらチェック。

(一回・短期で達成できる事と中・長期的な目標をなんとなく分けてみた。)

 

  1. ルパパトのBlu-ray BOXを買う
  2. 資格を1つ取る
  3. 部屋にDJ練習ブースをつくる
  4. 好きなジャンルでそれぞれMIXを録ってMixcloudにアップする
  5. よつばと!電子書籍で揃える
  6. USJハリー・ポッターエリアでバタービールを飲む
  7. 自分で運転して県外へ遊びにいく
  8. 高速に乗る
  9. 歯医者に行く
  10. 英語の勉強をしなおす
  11. 韓国語の勉強をする(マ・ドンソク!)
  12. 3kg 5kg痩せる
  13. 食事の記録を続ける
  14. 週に1回以上は体重計に乗る
  15. 爪を綺麗に保つ
  16. 月に1回は劇場で映画を観る
  17. 毎月5000円貯金する
  18. 背筋を伸ばして生活する
  19. 推し(の活動)と向き合う
  20. いろんなジャンルの服を着てみる

住めば都、地獄も住処

お久しぶりの更新です。ちよ芋です。

ブログをさぼってる間に都会での生活から一転、車社会の田舎に舞い戻りました。映画館が遠い。

 

sloppyhorse.hatenablog.jp

 

以前書いたこの記事でiPod Classicへの愛着をつらつらと語りましたが

移動中に音楽のない生活に耐えられず、先日ついにWALKMANを購入してしまいました!!!!!

しかしながら、UIが絶望的に使いにくすぎて四苦八苦…まだ使い始めて1ヶ月も経ってないので仕方ないのかもしれないけれども。

長年に渡って染みついたiPodの使い勝手を身体が求めている。

痒い所に手が届かない、個人的ウォークマンもうちょっとここどうにかしてくれポイントを3つ。 

 

ここが慣れない!その1:楽曲管理ソフト

何よりコレ。そもそもMac用のソフトはない。曲管理というか転送するだけ。

曲の管理は今まで通りiTunesでやりつつ、Content Transfer for MacというPC上の転送アプリに曲をドラッグ&ドロップしてウォークマンに転送してます。ちょいとググったところ、これに関してはもっと良いやり方があるみたいなので模索したい。

あと個人的にiPodというかiTunesでかなり重宝しているのが「シャッフル再生時にスキップする」かどうかを曲ごとに設定できる機能。

例えが分かりにくくて申し訳ないんですが、劇伴やサントラはアルバム単位で大きな一つの流れとして聴きたいので、曲単体だとほとんど飛ばしちゃうんです普段。だからそういう曲はシャッフル時に自動的にスキップされるよう設定できるiTunesが私にはとてもありがたい。 のですが当然ながらこの設定は楽曲転送時にウォークマンには適用されません…ぐぬぬ

 

ここが慣れない!その2:もっさり操作感

ケータイ捜査官。画面を切り替える度にもたついてて ンウゥン!!!!!!ってなる。

バーーーッてスクロールして目当てのアーティスト通り過ぎちゃって、上に戻る時にもっさりとしたタイムラグがあって戻り過ぎちゃってまた ンウゥン!!!!!!ってなる。

 

ここが慣れない!その3:小型化すりゃいいってもんじゃねえ

そのまんまです。小さすぎて手からすり落ちる。

あと画面が小さいのでスクロール幅が狭いし、間違えて押したいアイコンの隣のアイコン触っちゃう。

 

 

なんだかボロクソにウォークマンを貶しているだけの記事になってしまいましたが

・SDカードで容量増やせる

Bluetooth接続できるから車や対応スピーカーにつなげてワイヤレスで聞ける(iPod classicは未対応)

この辺りは良いなーと思っております。特に容量ね。魔改造すればiPodにもSDカードは使えるのですが、機械いじれる自信がないので私には無理でした。自作PCとかハードル高すぎて下くぐれちゃう。

 

 

 

見返してみるとここまでの内容ほとんど文句ばっかりじゃん。ウォークマンを好んで使っているユーザーの皆さん、SONYさん、申し訳ありません。ただの元iPodユーザーの戯言です。クリックホイールの亡霊に取り憑かれた悲しい音楽リスナーのひとりなんです…

でも使い始めてまだ1ヶ月だから!これから使い続けたらきっと愛着もわいてくるよ、きっとそうだよ、そうなってくれ頼む

 

それもこれもApple社がiPod classicを再販してくれたら全部まるっと平和に収まるんじゃ!!!!!🕊

ポータブルオーディオプレイヤーって長い名前だな

 

 

先日こんなツイートをしたのですが、やっぱこういうのってブログ向きだよなーと思い。

改めてポータブルオーディオプレイヤー(というかiPod)について思ってることをまとめておこう。

 

 

初めてポータブルオーディオプレイヤー(いちいち書くのメンドくさいな…)を買ってもらったのはたしか中学生の頃。CDプレイヤーを経てMDプレイヤーという、今の20代後半〜30代がだいたい通るような道を私も辿りました。

そして高校に入ってiPodの存在を知り、小遣いをはたいて買ったのがiPod miniでした。

「家にあるCD数十枚分をこれだけで自由に持ち歩けるんだ!!!」と当時はかなり感動したのを覚えてます。

それからしばらくしてさらに大容量のiPod Classicを購入。

高校〜大学卒業して2016年くらいまでずっと現役で使ってました。

 

私が使ってたのは120GBなんですが、調べてみたらこのサイズが出てるのは第6世代だけみたいですね。

f:id:sloppyhorse:20180206205651j:plain

このホイール操作が良いんですよね〜!

カリカカリカリ…とスクロールしていく快感がたまらなく好きだったなあ。

 

 

 

で、本題です。


なんでAppleは大容量のiPod Classicの生産をやめちまったんだよ!!!!!

 


私が一番言いたいのはコレですよ。

ぶっちゃけツイートで言いたいこと全部言っちゃってるんですけど、私が聴きたい曲ってApple Musicに半分くらいしかないんですよね。

具体的には主題歌以外の特撮楽曲(挿入歌や劇中BGM)と国内外のメタルやハードコア(そこまでメジャーでないバンド)とか。


月額でサービスを楽しみつつ配信されてない音楽は自分で持ち歩くのがおそらく一番賢い使い方なんだろうけど、音源はすべてを一元的に管理したいんです。

手元にデータがある曲と、クラウドで聴きたい時だけネットにつないで聴く曲が同時に存在してるのが気持ち悪い(このへんは完全に好みの問題)

 

「大容量のプレイヤーならWALKMANがあるよ!」って意見もありますが、iPod mini時代から10年以上iTunesを使い続けていて馴染みがある上に、現在Macbookを使ってDJ的なサムシングもしているので音源はすべてiTunesで管理したいんです。

だけどiPod touchは同じ大容量でも全然惹かれないんですよね…

アプリとかいらない。ゲームはiPhoneでやるからいい。音楽だけ聴きたい。もはやただのワガママです。

そもそもiPhoneに入れて持ち歩けば超便利なのでは!?とiPhoneに機種変したばかりの頃に思いましたが、音楽だけで容量パンパンになるのでダメでした。だって120GB。

 

あとはシャッフル機能。Apple Musicにもあるのかな…?1ヶ月お試し登録しただけなので全然使いこなせてなかった。

手持ち音源数千曲からシャッフルしたって全部自分の好きな曲なんだから何が流れてきたって楽しいじゃないですか!

でも全然知らない曲も混じったシャッフル機能って、知らない曲きたら飛ばしちゃいますよね…クラブじゃねえんだからって話ですよ。

知らない曲でも踊れるのはクラブだからであって、自分のCD棚に知らないCDがあったら「何じゃコレ」ってなりますよね。少なくとも私はそうなります。

(このへんの機能は私が知らないだけで全然勝手が違うのかもしれない。そうだったらスミマセン。)

 

今の時代「アーティスト単位じゃなく曲単位でファンがつく」みたいに言われてますよね。

確かにCDの頃はアルバムの中から好きな一曲だけ買う、なんてできなかったし。

今なら配信サービス使えば曲単位で音楽が買えちゃう。まあ便利。

だからそもそも手持ちのデータ数が少ないし、CDアルバムなんて買わないし、そりゃあプレイヤーは大容量じゃなくていいですよね。都会はマックとか行きゃあだいたいWifi飛んでるからストリーミングできるし。

 

 

だけど私は!アルバムを買って!!全部持ち歩いて!!!その時の気分でたくさんの曲の中から聴きたい曲を選びたいんだ!!!!!!!

 

 

今の気分なら中古のiPod Classic(ウン万円)を買うこともやぶさかではない。

Appleでの公式サポートが終了してるので、非正規で修理に出すこともやぶさかではない。

それくらいに私はiPod Classicや、それに替わる大容量のiPodを欲している。Appleさんどうかよろしくお願いします。

あなたの隣にいる人は何ですか?

こんにちはこんばんはごきげんよう、ちよいもです。

最近「ジャンプ+」というスマホアプリで寝る前や暇な時間にマンガを読んでます。現在ジャンプ本誌で連載中の作品の番外編やスピンオフ、以前連載していた人気作品の復刻配信などが無料で読めるのでなかなかに時間の潰せるすてきなアプリです。なんてったって今私がジャンプ作品の中でも一二を争うほど大好きなSKET DANCE全32巻が日替わりで配信されてるからね!ジャンプ作品の中でも一二を争うほど大好きな!今月の22日まで配信してるのでぜひ読んでね。そして原作者篠原先生の最新作「彼方のアストラ」もよろしくね。これもジャンプ+で無料で読めるよ。読んでね。

 

違います違います。今日ブログに書こうと思ったのはSKET DANCEではなく、その合間に見つけた「バイバイ人類」という作品について。

 

f:id:sloppyhorse:20160518170416j:plain

バイバイ人類|少年ジャンプ+

「ある日突然、クラスの友達が『何か』に乗っ取られる…!?ぼっち系女子・真山真矢が抗する日常崩壊パニックホラー!!」(公式サイトより)

 

パニックホラーやサバイバル系の映画(いわゆるゾンビもの)が好きな私はこのあおり文に惹かれて思わず1話をポチッと開いたのですが、これが予想の斜め上をいくおもしろさでした。

物語は、主人公・真矢が学校の友人と興味本位で廃墟へ探検に行くシーンから始まります。そこで彼女たちは人が人の体を貪る、とんでもない光景を目撃してしまい……そこから少女たちの日常がどんどん崩れていく様が描かれています。人を喰う彼らは何なのか?ウイルス感染者か、ゾンビか、または何かアブナイ研究の実験体か?など、いろいろ考えてますが本編では今のところ明らかになっていません。まだ5話までしか配信されてないしね。

この作品の好きなところは、今までふつうに生活していた人たちがそうした謎の存在へ変貌していく瞬間を間接的に描くことで、恐怖を逆に煽ってるところ。一般的なゾンビものでよくある感染者に噛まれる→肉グシャア血ドバー→感染のような描写は一話の冒頭だけなんです。見えないからこそ怖い。見えないからこそ興奮する。まるで着エ口。そうじゃない。あとは本編となんら関係ないけど絵がかわいい。今のところ主な登場人物はみんな女の子です。強いメイドさん(ロングスカート)とかもいます。最高!

そしてちょっと惜しいなーと思うのが、ストーリー展開があっさりしてるところ。真矢の性格がまわりの友人と比べるとだいぶ大人びていて落ち着いてるので、「何か」に乗っ取られた人たちと対峙している緊迫したシーンも淡々としすぎちゃってる気がします。もちろんその性格が良い方に作用することもあるけどね。その分豊かな感情表現とかは他の子が補ってくれてるし。ちなみになぜ真矢が「何か」に落ち着いて立ち向かえるのかは本編でチラッとわかります。チラッと。

 

 

たらたらと好き勝手に書きましたが、この作品を読んでみて思ったのは日本にもパニックホラーの波、来てるんじゃないですか!?アイアムアヒーロー」も劇場で大ヒットしてるし(観にいきました、最高でした)、これを機にパニックホラー作品読んでみたい人、映像だとグロさや音にびっくりして怖くて観れない人なんかにオススメしたい。大丈夫、怖くないです。怖さがそのうち快感に変わります。そうなったら一緒に「ゾンビランド」を鑑賞しましょう。怖くないです。あなたの隣にいる人も、そのうち別の何かに変わってます。一緒に変われば怖くない。